コメント

神を信じて、幽霊に取り憑かれた男が禁断の中で、理想を探そうとする物語。
永遠に近づけるはずのない聖なる姿を追い求める純粋な様は、あまりに孤独で狂気にさえ映る。
男はなぜ、野生児と生きることにハマってしまったのか。
こんな事が現実にあったなんて、信じられない。。
ただ今も、きっと似た様な境遇にいる子供たちが、世界のどこかに居るはずだから。

フィフィ(タレント)

これ、タイトル詐欺!?
野人のフェイクドキュメンタリーといっても『水曜スペシャル』みたいなノリじゃないぞ!
むしろトリュフォー『野生の少年』裏バージョンともいえる、「信仰」「家族」そして「教育」の暗部を描いた格調高いホラー作品だ。
POVの実験作としても面白い。昔の8ミリビデオだからこそ出せる、ベタついたリアリティ、ノイズによって現実が裂けてゆく感覚。
粗くて安っぽい記録映像から滲む「世界の危うさ」が、
そのまま本作の空気感となっているのだ。

吉田悠軌(怪談・オカルト研究家)

河川敷で暮らすホームレスに対し「彼らは自由だ」と言う人がいる。
だが実際に取材をすると彼らは自由ではない。
日々孤独や病と戦い続け、そしていつか必ず敗れる。
自然の中で自由に生きられるほど人間は強くないのだ。
この映画は、河川敷とは比べ物にならないくらい過酷なメキシコの山奥で生きるガチホムレな野生児たちを正しく育てようとしたキリスト狂信者の男の顛末が描かれる。
果たして「人を幸せにしたい」というエゴな夢は叶うのか?
というかこの映画実話ベースなの? ヤバくない?

村田らむ(ライター・漫画家)

(敬称略・順不同)