西川史子はワクチンで脳出血再発?麻痺の程度・復帰時期を予測!

西川史子 ワクチン 麻痺の程度

2023年11月30日、西川史子さんが脳出血の再発でリハビリ中であると報道がありました。

この報道をうけ、ワクチン接種をしたのでは?と疑問の声が聞かれます。

今回は

  • 西川史子はワクチンで脳出血を再発した?
  • 麻痺の程度
  • 復帰時期

について深堀りしました!

目次

西川史子はワクチンで脳出血を再発したの?

西川史子さんはワクチンで脳出血を再発したの?と疑問の声があります▼

このように、脳出血の再発がワクチンの影響なのか?との声が多く聞かれました。

1つづつみていきましょう!

西川史子の脳出血の再発はワクチンが原因?

西川史子さんはファイザー社のコロナワクチンを2回接種されている情報があります。

その後、

2021年に一回目の脳出血を発症

この時もワクチンの影響を心配する声が多くありましが、西川史子さんも自身も否定しています。

実際にコロナワクチンと脳出血の因果関係はあるのでしょうか?

厚生労働省▼

ワクチン接種後に、くも膜下出血や急性大動脈解離が起きたという事例が報告されていますが、これらの病気はワクチンを接種しない人にもある程度の頻度で常に起こっています。多くの人がワクチンを接種しているので、偶然こうした病気がワクチン接種後に生じることもありえます。ワクチン接種後に起きた好ましくない出来事は、ワクチンと時間的に前後関係があっても、必ずしもワクチン接種のために起こった(因果関係のある)「副反応」というわけではありません。

引用(厚生労働省)

ワクチンとの因果関係があるとは断定出来ない

と、厚生労働省は述べています。

そして、今回の再発について追加接種の有無を調べましたが情報はありませんでした。

しかし、いずれにせよ、コロナワクチンと因果関係を断定することは困難でしょう。

西川史子の脳出血の再発は体質的なもの?

体質的なものでは?!

コロナワクチンの影響と断定するのは困難です。

しかし、再発率から考えると再発の危険性が大いにある病気である事が分かりました。▼

脳卒中発症後10年以内の再発率は、

5年で35.3%

10年で51.3%

引用(健康ねっと)

とする研究結果があります。

半数が亡くなる病気なんだ。

再発率もこんなに高いんだね。

また、脳出血が再発しやすい時期は発症後1年以内と言われています。

西川史子さんも体質により再発したものと考るのが妥当ではないでしょうか?

西川史子の麻痺の程度は?

結論から言いますと

麻痺の程度は分かっておりません。

現在分かっていることは

片方のいうことがきかないから大変

という父親の証言。

この証言から、前回同様に右脳出血であることが分かります。

程度については不明ですが、

再発すると後遺症が重症化しやすいといわれています。

入院期間も半年を迎えようとしています。

一般的に脳出血の入院期間は▼

生命保険文化センターの報告によれば、日本における2020年の脳卒中(脳出血含む)患者の平均入院日数は77. 4日間でした。 また、年齢別に見ると35歳〜64歳までの入院日数は51.9日であったのに対し、65歳以上では83.6日、70歳以上では86.9日であり、高齢者の方が入院期間が長引く傾向にあることがわかります。

引用(ニューロティクメディカル)

年齢からいうと、51.9日が一般的なようです。

それに比べると6ヶ月で、すでに180日になります!

このことからも、重篤な後遺症が残っている可能性があります。

西川史子の復帰はいつ?

結論から申しますと

復帰の時期は不明です。

現在も入院中であり、詳しい状態がわかっておりません。

しかし、再発ということで、後遺症が重症化している可能性もあり復帰さえ危ぶまれる状態の可能性もあります。

まとめ

西川史子さんの脳出血の再発とコロナワクチンの影響は不明です。

再発ということで、今回は重篤な状況が予測されます。

しかし、再生医療の分野の発達により重篤な後遺症からの回復も見込まれる現在、また元気な姿にお会い出来る可能性もありますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次